So-net無料ブログ作成

四川・上海の旅(お土産編) [2014四川・上海]

スーパーで購入した2品をご紹介☆



DSC00095.jpg

一つ目は麻婆豆腐の素。
10元。
上海味好美食品有限公司とあるので、上海近郊でしか入手できないのかな?
購入場所は南京路付近にあった华联超市。

これは結構おいしかった。
中国のレストランっぽい香りがする。
それが苦手な人はツライかも。
辛さもそんなに激辛ではない。
(自分は辛いの苦手なので、ちょっと汗出たけど・・)



DSC00096.jpg

もう一つはコチラ。
こいつが超手ごわかった(泣)
火鍋を舐めていた。
パッケージを見た時に気付けよってくらい、
辛い以外の一切の味を許さないってくらい赤い。

商品名は、「徳荘 麻辣烫火锅底料」
重慶徳荘農産品開発有限公司と書いてある。
150g。

重慶特産と書いてあるけれど、購入場所は成都のスーパー。
値段は覚えていないんだけど、10元前後だった思う。
火鍋の素だけでも、結構な種類の品ぞろえ。
勿論四川の人も辛いの好きだし、きっと四川人にとったら、
こんな辛さ屁でもないんだろう。



DSC00132.jpg

中身はこんな感じ。
一体材料は何を使っているのかというと・・・
「牛油・辣椒・姜・蒜・豆瓣酱・豆豉・味精・鸡精调味料・花椒・食用盐・香辛料・食品添加剂」
この中の何が強烈なんだ。
やはり辣椒だろうか?

作り方は、
①水500ml投入
②本品を加えて煮る
③野菜や加工品を加えて煮る
と、日本の鍋の素と変わらない。

自分は普通に白菜・葱・しらたき等々の一般的な具材を入れたわけですよ。
で、煮てみたら部屋中に中華的な香りが充満。
やばい。
なんとういうか、中国の地下鉄の匂いのような・・・。

まぁここまでは結構楽しかった。
が、出来上がった火鍋を一口食べたら、
顔中の毛穴から汗が噴き出てきた。
おかしいくらい汗でてきた。
もう、どう表現していいかわからない(泣)

もしかしたら慣れるかも・・・と二口、三口と口に運んでみたものの・・・
ギブアップ。
参りました。

しかしこの大量に仕込んでしまった具材をどうしようか。
捨てるのももったいない。
仕方ないので、洗って再度何かで茹でなおそう。
と思って熱湯でじゃばじゃば洗ってみたけれど、こびり付いた油が取れない・・・

日をまたいで二日目。
諦めてキムチ鍋の素で煮なおして、どうにか完食。
それでも辛さはだいぶ残ってました。

ちなみに油が凄まじすぎて、冷えると鍋の中が固めるテンプルみたいになってた(泣)
いやー、中国調味料恐るべし。
あんまり怖いもの見たさで食料を買うのはやめようと、心に決めた2014年夏。



nice!(2) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。